2013年03月20日

GMOのVPS ssh認証方法の変更_チャレンジレスポンス認証を使う

sshの認証がデフォルトではプレーンテキストが有効になっていた。
sshで暗号化されているとはいえパスワードそのものを送るのは不安なので
これを無効化して、チャレンジレスポンス認証を有効化する。
ちなみに色々ぐぐると、公開鍵認証をおススメしている人が多いのだけれど、
今回は面倒なのでやらない。

・設定の変更
$sudo vi /etc/ssh/sshd_config
ChallengeResponseAuthentication no ⇒ yesに変更(チャレンジレスポンス認証を有効化)
PasswordAuthentication yes ⇒ noに変更(プレーンテキスト認証を無効化)
# ちなみにPasswordAuthenticationはコメントアウトされていた。
# 省略されるとデフォルトyesで動くらしい

・設定の反映
$sudo service ssh restart

・最後にSSHでプレーンテキスト認証ではログインできないこと、
 チャレンジレスポンスではログインできることを確認して完了。
posted by くおん at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック