2013年04月04日

GMOのVPS TigerVNCの利用

色々と試行錯誤していたVNCサーバの変更。
結果としては /dev/loop.org.uk のUbuntu/Debian向けinstall手順に従ってインストールできていました。

使い方がよく分からないと悩んでいたのは以下の理由。
・サーバ側での圧縮率関連の設定があると思い込んでいた。
・RealVNCと違う設定が必要だと思い込んでいた。
・クライアント側のViewrを変える必要があるということを軽視していた。

普通にVNCを使える環境を一度整え終えていれば、
TigerVNCをinstallした後はサーバ側で必要な設定は特に無かった。
実際にinstallされているかどうか不安なので確認する手段は以下。
$man vncserver
表示されるマニュアルの最後の著作権表示(?)がRealVNCではなくTigerVNCになっていればOKでした。
posted by くおん at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353886230

この記事へのトラックバック