2013年03月31日

GMOのVPS スループットの単位の違い。VNCでの利用帯域

寝ぼけているせいか、前の記事のタイトルと書いてることが違った・・・

VNCの利用帯域削減で色々やってる間に気がついた。
前のエントリ(これこれ)でVNCでの利用帯域が270〜280kbpsと書いたけれど、初歩的かつ大きな誤りがありました。

ubuntu12.04のシステムモニタでの表示単位はKiB/sで大文字Bはバイト=8bit、
kbps(=kb/s)の小文字bはbitなので変換が必要なことに気づきました。思い込みとは怖いです。
というわけで270〜280kB/sは、2.16〜2.2Mbpsなのでした。。

思ってよりさらに大きい。。。
ちなみに270kbps程度でも重たいと思ったのは以下の理由から。
ドコモmoperaのAPモード(ガラケーF01-Cでのテザリング相当機能)で追加料金不要な運用だと128kbpsが上限になるためで、どちらにしろ利用できる帯域を大幅に超えていることには変わらない。。
ラベル:ubuntu 備忘録 VPS VNC
posted by くおん at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GMOのVPS VNCの試行錯誤

VNCでの利用帯域圧縮はまだまだ試行錯誤中。
現状はTigerVNC単体での利用方法がよく分からないので
ここが「TigerVNCの新しいフロンドエンドだ」とリンクしていたWinSwitchを入れてみたりとか。。

これまた使い方がよく分からない。
ローカル側は家のPCだったりAndroidだったりするので一般的なVNC Viewr以外は入れたくない。
サーバ内で使う分には動いているのだけれどローカルからのアクセス方法がよく分からない
ラベル:ubuntu 備忘録 VPS
posted by くおん at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GMOのVPS VNCを変えたい

GMOのVPS スループット測定(その2)でVNCの利用帯域が把握できた。
270〜280kbpsは外出先でモバイル環境で使うには結構重いので、利用帯域を節約するため高圧縮なプロトコルが使えるVNCに乗り換えたい。

候補はTightVNCTigerVNC
いろいろぐぐってTigerVNCをインストールすることはできた。

あとは圧縮をかける設定をしたいのだけれど、やり方がよく分からず。。。
TigerVNCの使い方に関するドキュメントが探し方が悪いのか、自分の語学力不足なのか見付からず難航中。
posted by くおん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

GMOのVPS スループット測定(その2)

インストールしたばかりのiperfは即アンインストールした。
理由は利用目的に合わないから。
今回知りたいのはVNC利用時の利用帯域。
iperfはそれ自身がサーバかクライアントとなって、指定した相手との純粋なネットワークスループットを測定するツールだった・・・。

という訳で何かいい手段は無いものか、と思ったら
system monitorのResourcesタブでNetwoorkHistoryが確認できることに気づきました。

結果として、vnc4serverで家からVNC接続していると270〜280kbps程度の帯域を使っていることが分かった。
これは常時流れる帯域としては結構大きい。モバイルからの接続で重いはずだ。。。
posted by くおん at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GMOのVPS スループット測定

VNC環境を整えて使っていて気になること。
それは、反応がちょー遅い・重たいこと。

家でVNC接続する分には普通に使えるのだけれど、外出先でテザリングなどでVNCに接続するとすごく重たい。反応が緩慢。
VNCは回線帯域を結構必要とするようなので、どのくらいの帯域を使うか確認したい。

そこでiperfをインストールして使ってみる。
Ubuntu Software Centerからインストールできた。
使い方はこれから試行錯誤する。
posted by くおん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GMOのVPS VNCの再設定

GMOのVPS+Ubuntu12.04、再インストールしたので設定やり直し。
備忘録をとっていたおかげでスムーズ。
以前難航したVNCの設定もスムーズ。

これで分かった事。
・/etc/ssh/sshd_configのAllowTcpForwardingは設定追記しなくても接続できた。
・~/.vnc/xstartupへのexec gnome-session &は必要(デスクトップ環境使うなら)
・TeraTermのSSH転送の「リモート側ホスト」のIPアドレスは
 VPSのグローバルアドレスを設定する。localhostとか127.0.0.1ではうまくいかない。

ここまでやって接続してみる。
・・・デスクトップ環境なしの単なるターミナル画面でVNCがつながった・・・

~/.vnc/xstartupに追記したexec gnome-session &がデスクトップ環境の起動のはずなので、どうなってるのかログを確認する。
ログは~/.vnc/"ホスト名":"ディスプレイ番号".logなのでこれを確認する。

すると、「exec: gnome-session: not found」というログがある。
デスクトップ環境であるgnomeが見付からないというメッセージ。
備忘のためのブログなのに書くのをすっかり忘れてた。
以下のコマンドでデスクトップ環境をインストールする。
$sudo apt-get install ubuntu-desktop
posted by くおん at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GMOのVPS Ubuntu12.04でのlinuxユーザの追加

最初にやったlinuxユーザのアカウント追加について。

すっかりuseraddコマンドを使ったと思い込んでいましたが、
実はadduserコマンドを使っていた模様。

違いは、ubuntuだとuseraddコマンドではホームディレクトリが作成されない。
パスワードも別途passwdコマンドで追加する必要がある。
その一方、adduserコマンドはホームディレクトリ作成とパスワード設定を実行してくれる。

気が付いたのはUbuntu12.04の再インストールをしたから。
一回キレイにして設定しなおします。
posted by くおん at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

GMOのVPS Wine+MT4のインストール(最新版Wineのインストール)

Wineを使ってMT4のインストール。
まずはLinux上でWindowsアプリであるMT4を動作させるためにWineが必要。
Ubuntu12.04のGUI(Ubuntu Software Center)か、CUIのapt-getコマンドでWineをインストールするのだけれど、
2013.3月現在、レポジトリの追加をしていなければインストールされるのはWine1.4でした。

Wine1.4は既知のバグがあるようでMT4をインストールしようとしても
GUIでは無反応、CUIではエラーログを出してインストールできない状態だった。(昨日のメモ)

回避策は最新版Wineを使うこと。
レポジトリを追加しないと、いくら再インストールしてもバージョンは変わらないので、
レポジトリを追加してからUbuntu Software Centerでインストールする。

・Ubutu Software Cneterで Edit → Software Source で設定画面を開く
・Other Softwareのタブを開く
・左下のAddボタンを押し、出てくる画面のAPT lineに「ppa:ubuntu-wine/ppa」と入力してOK

・改めて最後にUbutu Software Cneterの右上窓にWineと入れて、
出てきたWineをインストールする。
ラベル:MT4 ubuntu 備忘録 VPS FX
posted by くおん at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

GMOのVPS Wine+MT4のインストール

GMOのVPS(Ubuntu12.04)にWine+MT4をインストールしたい。
これもはまった。。
wineはUbuntu Software Centerからインストールする。
Ubuntu Software Centerの検索窓でwineと入力するといくつか出てくるので、
Microsoft Windows Compatibility Layer (meta-package)を選んでInstallする。
この時のバージョンはwine1.4だった。

MT4はFX業者のHPからダウンロードする。

GUI上でMT4をwineでOpenするとインストールされるはず・・・・
なのだけれど一瞬画面が出て直後に消えて無反応。

コマンドラインで$wine FXCM-MT4install.exeと入力するとエラーメッセージが表示された。
==エラー引用==
fixme:mountmgr:harddisk_ioctl returning zero-filled buffer for IOCTL_VOLUME_GET_VOLUME_DISK_EXTENTS
==引用ここまで==

いろいろググると直接の解決策は書いてないんだけど
バグだから最新版でbug fixされた、という記載があるので最新版のwine1.5.26をインストールする。

今日はここまで。
MT4のインストールはできるようになった。
最新版wineはリポジトリの追加が必要なので、明日にでもメモを追記する。
ラベル:ubuntu 備忘録 VPS MT4 FX
posted by くおん at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

GMOのVPS android開発環境の構築(その2)

前回に引き続き、GMOのVPS+ubuntu12.04でのandroid開発環境の構築です。

やってみて分かった事。
・一回、Windows環境で最初からインストールして操作したことが無いと分かりにくいかも。
・自分がもう一回やれといわれても結構面倒。
・開発環境≒eclipseです。
・eclipseが起動できれば半分はandroid開発環境ができたも同然。
・eclipseはUbuntu Software Centerで検索すれば出てくるのでインストールは簡単。
・Android-SDKはGet the Android SDKからダウンロードする。
Setting Up an Existing IDEのInformation for other platformsをクリックしてLinux向けの説明を読む。
・説明通りに作業すればAndoroid-SDKはeclipseに設定完了する。
・が・・・エミュレータやSDKのボタンが、eclipse上に出てこないのでその後の作業が困る。具体的にはエミュレータの設定とか困る。

という訳で、備忘録。
・eclipseはSDKをインストール後、念のために再起動する。
・eclipseのWindow→Customize PerspectiveでCustomize Perspective画面を開く
・Command Groups Availabilityタブを選択
・Available command gropu:窓のAndroid SDK and AVD Managerにチェックを入れる。
・そのままTool Bar Visibilityタブを選択する
・Tool Bar Structureに表示されるAndroid SDK and AVD Managerにチェックを入れる
・OKボタンを押して反映。
・念のためにeclipseを再起動
・ツールバー上にAndroid SDK Managerと Android Virtual Device Managerのボタンが追加されていれば成功

あとはAndroid DevelopersGetting Startedを参考にしつつ修行を積むべし。
posted by くおん at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | VPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする